脱毛と生理の関係性について、あなたの疑問を教えます♪

エステサロンでムダ毛のお手入れをしようとカウンセリングを受けた時、体調の話にもなります。
その中で生理不順などの悩みを抱えている時には、産婦人科での検診を受けるよう促されることもあります。
デリケートソーンのお手入れだと、生理の時はムダ毛のお手入れをサロンできないこともあります。
ですが、生理不順がどうして、そこまでムダ毛のお手入れに関係性があるのかは不思議になるでしょう。

 

女性の体はとてもデリケートであり、ホルモンバランスとの関係性があるためです。

 

エステサロンなどでのムダ毛のお手入れは、体内の女性ホルモンの量によって、脱毛効果も変わってきます。
ムダ毛をたくさん増やしてしまうのは、男性ホルモンが多くなって、優位に立っているときです。
男性ホルモンが増加したときというのは、ホルモンバランスが乱れている時でもあります。

 

毎月の月経が不安定であると、ホルモンバランスも乱れがちになります。同じようにお手入れをしても、希望のようには結果が出てこないこともあります。

 

ホルモンバランスの乱れは、産婦人科などでの相談で解決をしておくことです。

 

月経の時には、なるべきサロンでのおえ入れは避けたほうがいいでしょう。
お手入れ可能とするサロンもありますが、肌状態はかなり敏感になっています。
いつもよりも肌は敏感になっていて、荒れやすい状態ですから、かゆみや赤みも出やすくなります。

 

お手入れの時は、肌への痛みもいつもよりも、ずっと強く感じやすくなります。特に月経のあるときには、デリケートソーンの脱毛は避けたほうがいいです。
敏感さが増していますし、衛生面からもあまりおすすめではありません。乾燥もし安いですから、肌へのダメージが大きいです。

 

肌負担も少なく、衛生面も考えて、整理は避けて脱毛をするのがいいでしょう。

脱毛するのは、エステサロンですべき?気になっている事教えます!

脱毛は自分でもやろうと思えばできないこともありませんが、ですがエステサロンへ行った方が良い気がするという気持ちもあったりするのではないでしょうか。
エステサロンへ行くことのメリットがありますので、迷っている時の参考にしてみて下さい。

 

メリットとしては綺麗に脱毛をすることができることです。自分でお手入れをする方法は色々ですが、どの方法でも案外しっかりと脱毛をするのは簡単ではないものです。
処理残しが発生するようなこともありますので、仕上がりがいまいちというケースも珍しくないのです。
その点、エステサロンでやってもらえば客観的な目線で隅々までお手入れをしてもらうことができますし、
もちろん自分では手が届かないようなところまで処理してもらうことができますので、全身ツルツルにお手入れをすることができます。

 

効果の持続性に期待ができるのも行くメリットです。
自分でのお手入れですと基本的にあまり効果的な脱毛をすることはできませんよね。
そして一定期間でまた生えてきますので定期的な脱毛が必要になります。
エステサロンの施術はどうなのかと言えば、永くツルツルの状態を持続させられる施術を受けられますので、
今だけでなく今後のムダ毛のことも考えたらアドバンテージがあると言えるでしょう。

 

楽に脱毛ができるのも大きなメリットですね。自分でお手入れをするのは手間になりますので面倒という方は多いはず。
しかも定期的なお手入れが必要ですので、あまり気が乗らないとやる気も起きなかったりするのではないでしょうか。

 

しかしながらムダ毛対策は大事であり、ジレンマを感じるものです。
そのような面倒な作業を請け負ってくれますので、そもそも手間が嫌という時にはお店に頼った方が良いと言えるでしょう。

全身脱毛をする前にしないといけないことって何かある?

毛深い女性はむだ毛が多いことがコンプレックスになり、肌の露出が多い洋服を着れないことも多いです。
毎日のようにむだ毛の自己処理をおこなうので、気がつくと色素沈着などの肌トラブルに悩まされる人も多いです。

 

肌トラブルを避けるために、全身脱毛を受ける人も最近は増えてきました。

全身脱毛は費用が高く、時間がかかるイメージがありますが、むだ毛が気になる部位が多い人は、部位脱毛で施術をするよりも費用も時間も少なくてすみます。

 

全身脱毛を受ける時に施術前にすることは、自分で施術をする部位のシェービングをしておく必要があります。

シェービングをして行かなかったり、剃り残しがある場合は、施術を断られたりその部位だけ避けて施術をすることになるので気をつけてください。

脱毛エステやクリニックによっては、シェービングが難しい部位は無料でスタッフがシェービングをしてくれるう所もあるので、スタッフに相談してみるといいでしょう。

 

全身脱毛の施術前は、紫外線を浴びないように気をつけなければいけません。

うっかり紫外線を浴びてしまうと、レーザーが日焼けした肌に反応して、火傷をする可能性があります。

 

脱毛エステやクリニックによっては、脱毛範囲が違うこともよくあります。
むだ毛が気にな部位が、施術範囲に入っていないと、またあとで追加で部位脱毛をしなければいけないので、余計な費用がかかってしまいます。

 

気になるむだ毛の部位が施術範囲に入っているのか、全身脱毛の施術前にしっかり確認することが大事です。

エステでおこなう光脱毛では施術ができない部位でも、クリニックでおこなう医療レーザー脱毛なら施術ができることもあるので、よく確認しておくことが大事です。

全身脱毛!何回で毛は生えてこなくなる?痛いの?痛くない?

冬の間は無駄毛の処理をさぼっていた人も、肌の露出が多くなる季節になるとあわてて無駄毛の処理をしだします。
無駄毛が多い人は、頻繁に無駄毛の自己処理をするので、どうしても肌トラブルに悩まされることになります。
無駄毛の自己処理を面倒くさいと感じる人も多いですが、そういう人は全身脱毛をすると無駄毛の自己処理から解放されます。
全身脱毛をおこないたいと考える人は、脱毛エステに通うか脱毛クリニック通うかで迷う人も多いです。

 

どちらもメリットデメリットがあるので、よく比較して自分にあう所を選ぶことが大事です。
全身脱毛は何回くらいの施術で、無駄毛が生えてこなくなるか気になります。
脱毛エステでは、出力の弱いマシンしか使うことができないので、1回の脱毛効果が低いです。
個人差はありますが、6回くらいでは毛は薄くなったことは実感できますが、6回くらいではまだまだ無駄毛は生えてきます。
12回~18回くらいで無駄毛が生えてこないレベルに脱毛できます。

 

脱毛クリニックでは、高出力のマシンを使用するので、脱毛効果が高くわずか5回~6回くらいの施術で無駄毛が生えてこなくなります。
脱毛クリニックでおこなう全身脱毛は永久脱毛なので、1度脱毛を完了すれば何回も施術をしなくていいので、費用も時間もお得といえます。
全身脱毛はデリケートゾーンなど、いろんな部位を施術するので痛みが気になる人も多いです。

 

脱毛エステの施術は、脱毛効果は低いですが肌に優しいマシンを使用するので、痛みもほとんど感じずにすみます。
出力の調整もできるので、痛みが気になる場合は出力を下げてくれます。
脱毛クリニックでおこなう施術は、出力が高い分痛みも感じやすいです。
どうしても痛いのが苦手ならば、麻酔クリームを塗ってもらうといいでしょう。

胸、乳輪周りの脱毛、なにが一番効果的?痛いのは嫌・・・教えて!

毛深い体質ですと胸や乳首周りにもむだ毛が生えてきますが、あまり好かれるものではありませんのでお手入れを行っておきたいものです。

 

キレイにする為にも脱毛を受けてみるのがおすすめですが、胸や乳首ということもあり、刺激があるのは困るという方は少なくないはず。
ですから痛みが弱く、そしてできれば効果的な施術ですと嬉しいものです。

 

そんな方におすすめと言えるのが光脱毛です。
複数の波長を持った光をむだ毛に照射することで毛根の活動が弱められ、それによって脱毛になるという施術ですが、その他の施術と比較してみると痛みのレベルは小さいとされています。
たまに輪ゴムでパチッとやられたような刺激を感じることもあるものの、我慢が難しいほどの施術ではないようです。
ですから痛みがあまり得意ではない方でも受け易い施術として支持されています。

 

効果的に脱毛ができるのかどうかとしては、キレイにすることは十分に可能です。
その他にも人気の施術としてレーザーや電気針もあり、それらと比較すると効果は弱くなりますが、
しかしながら一定の効果はありますので気になるむだ毛もキレイに処理できることでしょう。
また、レーザーなどと比べてみても刺激が弱い為、受け易い施術と言えるのでしょうか。

 

ただしレーザーや電気針の場合は永久脱毛ができる一方、光の場合ですと永久的な効果はないとされています。
ですから将来的に、もしかしたら再度むだ毛が生える可能性は否定できません。
ですからずっと効果を持続させたいのならレーザーなどを受けてみるのも良いでしょう。

 

因みにコスト面で言えば光脱毛がリーズナブルですが、痛みや効果だけでなくどの程度の費用が掛かるのかも加味して考えることも大切ですね。

家庭用脱毛器って、子供にも使えるの?あなたの不安、教えます!

毛深い体質の子供もいますが、からかわれたりいじめの原因になったりもしますので、親御さんとしてはお手入れをしてあげたいと思いますよね。
子供の脱毛をしてくれるエステ店なんかもありますので、そういったところへ行ってみるのも良いかもしれませんが、

 

ただお店に行くのはまだ早いような気がするという家庭もあることでしょう。
そのような時に役立つかもしれないのが家庭用脱毛器ですが、ただ子供に使用しても良いのか気になりますよね。

 

では家庭用脱毛器は子供にも使えるのか、それとも使えないのかと言えば、使うことは可能です。
製品によっては強さレベルを調整することが可能ですから、あまり肌に刺激を与えることなくお手入れをすることもできます。

 

ただ家庭用脱毛器を使う時には注意点もありますが、まず鉄則なのは無理をしないことですね。大人の肌と違ってデリケートですので肌トラブルを起こし易い傾向があります。
それにも関わらず大人同様のレベルでやったり、いきなり色々な箇所のお手入れをするのはリスクがあります。

 

安全に脱毛をする為にはまず強さレベルを弱くして肌の調子をみながら進めていくことが大事ですので、用心しながら作業を行うようにしましょう。
お手入れの際にはしっかりと冷やすことも意識しなければいけません。
作業をする際にはきちんと冷やしておかないと痛みが出ることがありますし、またアフターケアとしても冷やさないと熱を持って肌トラブルが起こり易くなってしまうのです。

 

ですから作業前後のアイシングを心掛けた方が良いでしょう。
そして保湿も行うようにした方が安心です。優しくお手入れをしても少なからず肌には負担になっていますので、肌を保護する為にも保湿を欠かさない方が良いと言えます。

家庭用脱毛器って、どんな種類があるの?どれがいいの?教えて♪

自宅で気軽に脱毛したい人におすすめなのが家庭用脱毛器です。
気が向いた時にいつでも脱毛していくことができるので、ムダ毛に悩んでいる人なら試してみる価値があるでしょう。
家庭用脱毛器にはいくつか種類があるので自分に合った製品を使ってみましょう。

 

一昔前から長い人気を保っている美容製品としてローラー式脱毛器があります。回転する小型のローラーにムダ毛を巻き込みながら脱毛していくことができます。
防水性能のあるローラー式脱毛器を使えば、お風呂場でリラックスしながら脱毛することができるでしょう。
ローラー式脱毛器のデメリットとして痛みが強いことが挙げられるので、お風呂場などでムダ毛を柔らかくしてから脱毛すれば痛みを軽減することができます。

 

次に、エステのフラッシュ脱毛の方式を取り入れた家庭用脱毛器も人気があります。プロの施術と同様、使用する度にムダ毛を薄く目立たなくしていくことができるのが大きなメリットです。
ただし、エステティシャンが施術で使うようなプロ仕様の脱毛機器と比べて出力は低いため、ムダ毛によってはなかなか効果が出ない可能性もあります。

 

最後に、クリニックのレーザー脱毛の方式を取り入れた家庭用レーザー脱毛器があります。クリニックで行われているレーザー脱毛のように、ムダ毛のメラニン色素に吸収される性質を持ったレーザーを照射して脱毛していくことができます。
しかしクリニックで使われるレーザー脱毛機器に比べて出力は低いので、産毛や薄いムダ毛には効果が出にくいのがデメリットといえます。

 

現在、家庭用製品で脱毛効果を得られるのは、フラッシュ式とレーザー式2種類の脱毛器のみです。プロの施術ほどのパワーはないですが、根気よく継続していくことで一定の脱毛効果を得ることができるでしょう。
特に濃くて太いムダ毛ほど効果を実感しやすいので、毛深いことに悩んでいる人にとって家庭用脱毛器は試してみる価値のある製品といえます。

ニードル脱毛とブラジリアンワックス、より綺麗に仕上がるのはどっち!?

脱毛方法にニードル脱毛とブラジリアンワックスを用いる方法がありますが、どちらも専用のエステサロンで施術を受ける事が可能です。
熟練スタッフが担当するので、仕上がりにおいては双方期待通りになる事が多いでしょう。

 

ただし、ニードル脱毛においては毛穴にニードルという機械をあて、電流を流す事でムダ毛の毛乳頭にダメージを与える事で永久的な脱毛を可能とする為、一度施術した箇所においてはムダ毛が生えてこないです。

 

全身希望であれば、すべてのムダ毛が生えている毛穴にニードルで処理を施す為、相当な時間がかかりますが、処理もれが無ければ毛穴が引き締まる効果もあり、美肌という観点からも満足いく結果が得られるでしょう。
しかし粘膜に近い部分などはニードル脱毛では難しく、全身のすべてのムダ毛には対応しきれない部分があります。

 

一方でブラジリアンワックスはニードル脱毛で難しい粘膜部分にも対応できる事や、肌に優しいワックスを用いる為、多少の肌荒れでも処理が出来るという点では脱毛箇所に制限が少なく、
よりムダ毛を細部まで処理できるという点では希望通りの仕上がりが期待できます。

 

しかし、永久的ではないので、自己処理で行うよりかは持続性は長いものの、繰り返しムダ毛が生えて来たら処理を行わなければならず、長期的な視野で見るとより綺麗に仕上がるのはニードル脱毛と言えます。

 

ブラジリアンワックスの魅力は粘膜部分等細部まで範囲を選ばない事、アート的なデザイン等、細かい脱毛を得意とするので、ムダ毛の量や形を希望通りに処理しやすい点にあります。
ムダ毛にもお洒落を追求するという観点で言えば、ブラジリアンワックスは仕上がりが綺麗と言えるでしょう。

ニードル脱毛とレーザー脱毛、痛くないのはどっち?

ニードル脱毛とレーザー脱毛はどちらも施術時に痛みはあります。この2種類の施術を比べると比較的痛みが少ないのはレーザー脱毛です。

 

ニードル脱毛は、脱毛効果が高く、レーザーや光での脱毛がない時はニードルでの施術が主流の脱毛法でした。
ニードル脱毛は、針を毛穴の奥まで通して電流か高周波を送り、毛乳頭やその他の組織を破壊し、二度とムダ毛が生えてこなくする方法です。

 

使用する針は、金属アレルギーを避けるために、チタンやゴールドなどで作られたタイプか、絶縁材でコーティングされたタイプがあります。

 

ニードル脱毛は、毛穴の組織に直接エネルギーを与えて破壊するため、脱毛効果は高いものです。施術は技術者の技量が必要で、未熟な技術者が行なうと効果が感じられないばかりか、痛みだけが残ることもあるのです。
痛みが強い施術でもあるため、施術時には麻酔クリームを使用したり、注射で麻酔をするクリニックもあります。

 

1本ずつ施術を行なうため時間も必要で、麻酔も時間がかかります。針脱毛で施術をする場合には時間的に余裕が必要になります。

 

レーザー脱毛は、レーザーの出力が強いため、個人差はありますが痛く感じることもありますが、1回打つのに数秒で、複数の毛穴にダメージを与えることができるため効率が良い施術です。
永久脱毛で考えるとニードル脱毛は高い効果が期待できますが、レーザーでの脱毛も十分効果は期待できるものです。

 

施術時に痛いと感じることはレーザー脱毛はニードル脱毛よりも少なく、施術時間も短時間でできます。
初めて脱毛をするなら、医療レーザーを選び、一部ムダ毛が生えてくるような場合には、ニードルを部分的に受けることが費用的にも高額にならずに良い選択と言えます。

ニードル脱毛で、ヒゲはなくなる!?男でも光脱毛は可能なの?

剃っても剃っても生えてくる濃いヒゲでお悩みの男性の方は少なくありません。剃り跡が青々として目立ってしまうのも悩みの種ですね。

 

男性の方でも、エステや脱毛サロンで施術を行う光脱毛は可能です。
光脱毛は、光(フラッシュ光)をムダ毛に照射すると、黒い毛に光が当たり、毛根にある毛を作り出す働きをする毛母細胞を焼くような状態になります。
毛根まで光が届いたムダ毛はダメージを受け数日後に抜け落ちていくという仕組みです。
光は黒いものにしか反応しないので、周辺の皮膚にはほとんど影響を与えず、たいへん安全性の高い脱毛法です。

 

一度に広い範囲の脱毛が可能なので、背中やお腹、ワキ、脚や腕などの脱毛にはぴったりですが、細かいデザインが必要とされる身体のパーツは、医療バリを使ったニードル脱毛がおすすめです。
ニードル脱毛は、ムダ毛の流れに沿って毛穴にハリを刺し込んで微電流を流して毛母細胞を破壊する脱毛法で、非常に脱毛効果が高いのが特徴です。
一本一本ムダ毛をしっかりと目で確認しながら施術を行うので、確実に永久脱毛をしたいのならニードル脱毛がおすすめです。

 

脱毛効果の高いニードル脱毛ですが、一本ずつしかムダ毛にダメージを与えられないので、施術にはたいへん時間がかかり、その分費用も高額になります。
また毛穴にハリを刺し込む時と微電流を流す時にかなりの激痛が伴うので、人によっては我慢ができず途中で諦めてしまう方もいます。

 

技術者のセンスや施術経験によっても痛みが左右されるので、技術力の高い脱毛士のいるエステや脱毛サロンを
選ぶことや施術前に冷却パッドなどを使いしっかりと冷やしてもらうことが大切です。
最近では、男性専用の脱毛サロンもありますので、ヒゲや脚、腕などの脱毛に気兼ねなく通うことができますよ。

Older posts →