レーザー脱毛と光脱毛の違いって?どっちがいいの?

レーザー脱毛と光脱毛は一見同じような脱毛方法のように思えるため違いがどこにあるかわからないという人も多いようです。
両者の最大の違いは、医療行為であるかないかという点です。
レーザー脱毛は医療レーザーを使用する医療行為であり、施術は医療機関で行われています。
施術を行う者は必ず医療資格を保有している必要がありますので、必ず医師か看護師によってのみ施術が行われます。
一方の光脱毛はエステサロンや脱毛サロンで受けられる脱毛方法で、医療行為ではないため施術に当たるスタッフに医療資格の保有は義務付けられていません。

 

レーザーの場合は施術者すべてが同様の資格を保有し、技術面や知識面でも必ず一定の水準を保っていることから、
クリニックやスタッフによって施術内容のレベルに差がでるということがない点が一つのメリットであるとも言われています。
エステや脱毛サロンでも独自の資格試験や教育によって高い技術レベルを保っている店も多いですが、必ずしもすべての店がそうであるとは言えない部分があります。

 

また、施術時の痛みの強さに関しても違いがあります。
医療行為であるレーザー脱毛は使用されるレーザーは医療用の高出力のものですので、毛根に与える熱のダメージが大きく、痛みが出やすい特徴があります。
一方の光脱毛は出力を抑えた機器で施術を行いますので熱のダメージが少なく、レーザーに比べると痛みは抑えられています。

 

また多くのエステや脱毛サロンでは肌を保護する目的のジェルを塗ってから照射を行いますので、
それによっても肌への刺激が軽減され、痛みが最小限になるように工夫がされています。
出力が高い分レーザー脱毛の方が効果が出るまでのスピードは速いですが、
なるべく痛みを少なく済ませたいという人には光脱毛の方が適していると言えます。

You Might Also Like