レーザー脱毛とニードル脱毛がありますが、どちらも永久脱毛と言われておりますが、それぞれに特徴があり違いもあります。

 

レーザー脱毛は、皮膚の表面に黒い色素のメラニンのみに反応する特殊なレーザー光を照射して、熱によって毛母細胞や毛乳頭を破壊してムダ毛が成長しないようにします。
レーザー脱毛は出力が強く使用できるのは医療機関のみで、出力が強いため脱毛効果が出やすく施術に通う回数は少ないです。
毛根にダメージを与えるため脱毛効果は高いのですが、施術時は痛みが伴うことがあります。
また、黒い色素のメラニンに反応するため、白髪や産毛、日焼けをしていると反応しないことがあり施術ができない場合があります。

 

永久脱毛は、一度脱毛をすると一生ムダ毛が生えてこないイメージがありますが、永久脱毛の定義は、ある程度の期間、毛が少ない状態を維持することができることで、アメリカの団体が脱毛施術が完了してから一ヶ月後に毛の再生率が20%以下の場合を永久脱毛と定義づけています。

 

レーザー脱毛はこの定義に当てはまるため、永久脱毛ということができます。
ムダ毛が生えてこない状態の本来の意味で永久脱毛をしたいならニードル脱毛です。
ニードル脱毛は、毛穴の中に針を差し込み、針から電流を流して毛母細胞を腐食させる脱毛方です。
針を毛の流れに沿って挿入するため、5ミリから1センチ程度は毛を伸ばした状態で施術します。

 
以前は永久脱毛というとニードル脱毛だったのですが、施術時の痛みがとても強く施術に時間がかかります。
部分的にレーザーをあてられない部分や、色素沈着している部分の脱毛などには有効で、一生ムダ毛が生えてこない状態にするならニードルでの施術です。

 

それぞれにメリットやデメリットがありますが、レーザー脱毛はムダ毛が全く生えてこないということではありませんが、
永久脱毛と言える施術で、痛みもありますがニードルほどではなく、痛みを強く感じる場合は対処してくれます。
ライフスタイルにあった施術を選ぶべきですが、それぞれの特徴や違いからまずはレーザー脱毛を始めることが良い選択と言えます。