レーザー脱毛が引き起こす身体の影響って?ホントに大丈夫?

結論からいえば、
レーザー脱毛で身体に悪影響が出る可能性はほとんどありません。

 

レーザー脱毛で使われるレーザーは、皮膚から三ミリまたは四ミリ程度にしかいかないように設定されています。
つまり、ムダ毛の部分までしか届かないようしてありますので、内臓を傷つけることはないです。

 

またレーザーによって皮膚がんになることもありえません。
レーザー脱毛に使われるのは、赤外線のレーザーです。
皮膚がんなど細胞に悪影響を与えるのは紫外線です。
もちろん、レーザーですのでやけどの症状は想定されますが、いきなり出力を高めない限りはありえません。
経験がある医師にやってもらえば、身体に影響が出ることはないといえます。

 

気になることがあれば、レーザー脱毛は医師が行いますのでカウンセリングの時にしっかりと確認しておけば問題ありません。
よほどひどい医師にでなければ、不安を解消するように話を進めます。
いうまでもありませんが、レーザー脱毛を勧めてくるまたはすぐにやらなければいけないと医師ならば、断ってしまったほうがいいです。

 

医療行為ですので、身体に配慮して無理なく行うのが基本です。
レーザーを使いますので痛みはあります。
痛いときは無理せずにきちんと伝えることです。
人によってはストレスになってしまい、体調を悪くしてしまう恐れがあります。
ムダ毛の太さによっても変わりますので、医師に相談しておくとよいです。

 

レーザー脱毛の場合、皮膚にダメージがありますのでしっかりとケアをすることを忘れてはいけません。
ケアを怠ると、肌の状態が悪くなることもあり得ます。身体への影響は、
少なく安心して利用するためにはクリニックを選ぶところから始めるとよいです。

You Might Also Like