近年注目されている部分脱毛として、ハイジニーナ脱毛があります。ハイジニーナというとあまり聞きなれない脱毛ですが、
いわゆるアンダーヘアの脱毛で、外部に見られるわけではありませんが、エチケットの一種として注目を集めています。
こうしたデリケートな部分の脱毛では、現状ブラジリアンワックス脱毛や痛みが少ないと評判になっているレーザー脱毛などが利用されています。

では、実際体への負担が少ないのはどちらの脱毛方式なのでしょうか。
一般的な肌の脱毛ならば、ワックスを利用した脱毛よりも医療用レーザー脱毛の方が痛みという観点では勝っているといえます。
一方、ブラジリアンワックス脱毛は広い範囲の施術には適しておらず、また痛みの負担もレーザーよりも多いので全身脱毛などの大掛かりな脱毛においては立つ瀬がありません。

しかし、メラニン色素の多い局部での脱毛となると話は逆になります。その原因はレーザー脱毛の原理そのものにあります。
レーザー脱毛で利用するレーザーは肌のメラニン色素に反応する特殊なレーザーです低出力ながら毛根を焼くことができます。
つまり、毛根の他の部位に発熱の要因となるメラニンがないということがこの脱毛方式の前提となっています。なので、ハイジニーナ脱毛のようにメラニンの多い局部の脱毛には根本的に向いておらずとても非効率的であるといえます。

一方、ブラジリアンワックス脱毛はこうしたデリケートな部分の脱毛はお手の物で、レーザーよりも低価格で痛みの少ない脱毛をすることができます。
このようにどちらも一長一短で、向き不向きがあるので脱毛部位によって、自分のニーズに合わせて適切に脱毛方法を選択をすることが重要なのです。