ニードル脱毛をする前にしないといけないことって何かある?

ニードル脱毛は、針を毛穴から通して、毛根に達したら電流で毛根などの毛が生える組織を焼き切る脱毛法です。
ニードル脱毛は直接毛根の組織を焼き切るため、いくつかある脱毛法でも確実にムダ毛の処理ができる永久脱毛の効果がある方法です。

 

ニードル脱毛は、日焼けしていても施術が可能で、医療レーザー脱毛などでは色素に反応させる性質があり、ホクロなどに生えたムダ毛を脱毛したい場合や日焼けをしている状態では火傷の恐れがあるため施術ができません。
ニードル脱毛は、毛穴に直接針を差し込み電気を流してムダ毛の生成に関わる細胞を焼くため、ホクロやしみ、日焼けなどの状態でも影響を受けずに処理することができます。
医療レーザー脱毛などは施術から10日〜2週間程度で毛が抜けますが、ニードルは施術をしたその場かでムダ毛が抜けて生えなくなります。

 

デメリットは、1本ずつスタッフがつきっきりで施術を行なうため、施術の料金は他の脱毛方法と比較しても高額になります。また、毛穴に針を刺したり、毛根を焼き切る時に激痛がある可能性は高いです。
痛みの感じ方には個人差がありますが、痛みが強い場合には相談すると局所麻酔などを用いることもあります。
また、広範囲の脱毛には向いてなく、2cm程度はムダ毛を伸ばす必要があるため、脇の下など範囲が狭い部位に向いている施術と言えます。

 

ニードルでの施術前の準備は医療レーザー脱毛などのようにシェービングで事前の処理をする必要はありません。
特に施術前にやる事はないですが、サロンや医療機関によって、5mm〜2cm程度、または2日間はムダ毛を伸ばしておく必要があります。施術前にムダ毛を伸ばしてあればニードル脱毛の施術は可能で、日焼けなどを避ける必要もありません。

You Might Also Like