ニードル脱毛とレーザー脱毛、痛くないのはどっち?

ニードル脱毛とレーザー脱毛はどちらも施術時に痛みはあります。この2種類の施術を比べると比較的痛みが少ないのはレーザー脱毛です。

 

ニードル脱毛は、脱毛効果が高く、レーザーや光での脱毛がない時はニードルでの施術が主流の脱毛法でした。
ニードル脱毛は、針を毛穴の奥まで通して電流か高周波を送り、毛乳頭やその他の組織を破壊し、二度とムダ毛が生えてこなくする方法です。

 

使用する針は、金属アレルギーを避けるために、チタンやゴールドなどで作られたタイプか、絶縁材でコーティングされたタイプがあります。

 

ニードル脱毛は、毛穴の組織に直接エネルギーを与えて破壊するため、脱毛効果は高いものです。施術は技術者の技量が必要で、未熟な技術者が行なうと効果が感じられないばかりか、痛みだけが残ることもあるのです。
痛みが強い施術でもあるため、施術時には麻酔クリームを使用したり、注射で麻酔をするクリニックもあります。

 

1本ずつ施術を行なうため時間も必要で、麻酔も時間がかかります。針脱毛で施術をする場合には時間的に余裕が必要になります。

 

レーザー脱毛は、レーザーの出力が強いため、個人差はありますが痛く感じることもありますが、1回打つのに数秒で、複数の毛穴にダメージを与えることができるため効率が良い施術です。
永久脱毛で考えるとニードル脱毛は高い効果が期待できますが、レーザーでの脱毛も十分効果は期待できるものです。

 

施術時に痛いと感じることはレーザー脱毛はニードル脱毛よりも少なく、施術時間も短時間でできます。
初めて脱毛をするなら、医療レーザーを選び、一部ムダ毛が生えてくるような場合には、ニードルを部分的に受けることが費用的にも高額にならずに良い選択と言えます。

You Might Also Like