ニードル脱毛をする前にしないといけないことって何かある?

ニードル脱毛は、針を毛穴から通して、毛根に達したら電流で毛根などの毛が生える組織を焼き切る脱毛法です。
ニードル脱毛は直接毛根の組織を焼き切るため、いくつかある脱毛法でも確実にムダ毛の処理ができる永久脱毛の効果がある方法です。

 

ニードル脱毛は、日焼けしていても施術が可能で、医療レーザー脱毛などでは色素に反応させる性質があり、ホクロなどに生えたムダ毛を脱毛したい場合や日焼けをしている状態では火傷の恐れがあるため施術ができません。
ニードル脱毛は、毛穴に直接針を差し込み電気を流してムダ毛の生成に関わる細胞を焼くため、ホクロやしみ、日焼けなどの状態でも影響を受けずに処理することができます。
医療レーザー脱毛などは施術から10日〜2週間程度で毛が抜けますが、ニードルは施術をしたその場かでムダ毛が抜けて生えなくなります。

 

デメリットは、1本ずつスタッフがつきっきりで施術を行なうため、施術の料金は他の脱毛方法と比較しても高額になります。また、毛穴に針を刺したり、毛根を焼き切る時に激痛がある可能性は高いです。
痛みの感じ方には個人差がありますが、痛みが強い場合には相談すると局所麻酔などを用いることもあります。
また、広範囲の脱毛には向いてなく、2cm程度はムダ毛を伸ばす必要があるため、脇の下など範囲が狭い部位に向いている施術と言えます。

 

ニードルでの施術前の準備は医療レーザー脱毛などのようにシェービングで事前の処理をする必要はありません。
特に施術前にやる事はないですが、サロンや医療機関によって、5mm〜2cm程度、または2日間はムダ毛を伸ばしておく必要があります。施術前にムダ毛を伸ばしてあればニードル脱毛の施術は可能で、日焼けなどを避ける必要もありません。

ニードル脱毛のメリット、デメリットって?詳しく聞かせて!

ニードル脱毛とは、毛根に医療用のハリを差し込んで微電流を流し、毛根にある毛母細胞を破壊する脱毛法です。ハリを毛に沿って挿入するので、5ミリから1センチ程度ムダ毛を伸ばした状態にして施術が行われます。
ハリを刺して、直接ムダ毛が生える毛根の組織を焼き切ってしまうので、様々ある脱毛方法の中でも確実にムダ毛を処理でき、永久脱毛の効果のある脱毛法だといわれています。

 

ニードル脱毛を行うメリットは、やはり脱毛効果の高さで、一本一本目でしっかりと確認しながら施術が行われるので確実に永久脱毛をしたい方にはおすすめです。
またレーザーを使った脱毛では、毛の黒色メラニン色素にレーザーが反応して熱を発生させ、毛根にダメージを与えるので、
ホクロやシミの部分に生えたムダ毛を処理したい時や日焼けをした状態では、火傷の恐れがあるので脱毛することができないのですが、
ニードル脱毛は、ホクロやシミ、日焼けなど肌の状態に関係なく、脱毛処理を行うことができるメリットがあります。
また、その場で脱毛を確認できるので効果が実感しやすいといったメリットもあります。

 

反対にデメリットとしては毛穴にハリを入れ電流を流すので、ハリを入れる時と電流を流す時にかなりの激痛が伴うことです。ですので、施術中に我慢ができずに途中でやめてしまう方も少なくありません。
また一本ずつ施術をするので、かなりの時間がかかりその分費用も高額になるのもデメリットの一つです。

 

ニードル脱毛のメリットとデメリットを考えると、背中やワキ、お腹など広い部分はレーザー脱毛で行い、男性のひげやうなじなど細かいデザインが必要な部分はニードル脱毛で行うなど、それぞれ身体のパーツによって使い分けると良いでしょう。

 

痛いのは苦手なのでニードル脱毛はちょっとなぁ…。私は横浜在住なので、横浜駅周辺の脱毛サロンに行ってみようと思います。

ブラジリアンワックスをする時期っていつがいいとかあるの?いつでもできる?

ブラジリアンワックスをする時期としては、なにかのイベント前のタイミングもよいでしょう。来週海に行くとか、温泉旅行があるとか、イベントごとのある前には、ムダ毛もスッキリとさせておくことで、ムダ毛の心配をしなくて住みます。

 

ムダ毛の気になるパーツにワックスを塗布して、乾いたら一気に剥がす方法ですから、すぐにムダ毛のないなめらかなお肌が手に入ります。カミソリ処理みたいに、肌にポツポツが残る心配もありません。カミソリ処理のように、すぐにムダ毛も生えてこないので、しばらくはツルツルを維持できます。

 

剥がす方法であるため、ほんのりと施術後に赤みが出ることもあります。ですが赤みや腫れの症状は、たいていが1日もあれば治まります。2日から3日ほどかかることもありますが、保冷剤で冷やしたり、よく保湿のケアをすることで、問題なくお肌の状態は落ち着いていきます。

 

ワックスは永久脱毛ではないため、10日ほどすると新しい体毛が生え始めます。こうしたことから考えても、時期としてはイベントの3日から4日くらい前のお手入れがよいでしょう。

 

イベントごとも大事ですが、体調を考えてのブラジリアンワックスをするケースもあります。

 

特に日程の指定もなど明確な目的がない場合に、ブラジリアンワックスをするならば、体のコンディションを考えてのタイミングがベストになります。女性の体はとてもデリケートで、毎月の月経をベースにアップダウンすることがあります。ですから生理が終了して1週間ほどしたあとから、次回の生理予定の1週間前までが、お手入れにも最適な時期になります。

 

この期間というのは、ホルモンバランスが良い状態になりますから、ワックスのお手入れにも良いときです。生理中も脱毛はできますが、衛生面や肌の敏感さを考えると、その期間は避けたほうが無難です。皮膚がいつも以上に敏感になっているので、かぶれることもありますし、赤みが引きにくいといった肌トラブルも考えられるからです。

ブラジリアンワックスでVIOは綺麗になる?チクチクしない?

脱毛サロンに通っているのになかなか脱毛が完了しなくて、除毛処理で剃り残しに悩まされているという女性もいるのではないでしょうか。
サロンの光脱毛は一回で効果を発揮するものではなく、脱毛完了までには二年かかる人もいます。

 

それまでの間には、除毛処理を続けなくてはならないものであり、ムダ毛が生えてきてチクチクとして恥ずかしいものです。
ブラジリアンワックス脱毛なら、ワックスを塗って剥がせば毛根からすっきりときれいに処理することができる即効性があり、
デリケートな部分でもあるVIOラインにカミソリの刃をあてることもないので安全です。

 

初めてブラジリアンワックス脱毛を行うという場合、毛を伸ばしたままになっているのであればあらかじめはさみで5ミリ程度にカットしておきます。
ワックス剤を毛にしっかりと絡めてから乾燥させ、乾いたら毛が生えている方向と反対に引っ張っていきます。
上に引くのではなく折りたたむようするとうまく脱毛することができます。
VIOラインには太い毛から産毛のような毛質までさまざまな毛が生えているものですが、ワックス脱毛ならどんな毛質でもまとめて処理できるメリットがあります。

 

除毛処理では、ついこの間処理したばかりなのにまた生えてきてしまったということも多いものですが、ブラジリアンワックス脱毛なら毛根から処理しているので
再び毛根が作られて肌の表面に生えてくるまでに時間がかかるので、しばらくはムダ毛のことを気にせずに過ごすことができます。

 

人によって違いはありますが、だいたい一ヶ月くらいは処理の必要がありません。

カミソリでカットした毛は毛先がチクチクとしているものですが、
ブラジリアンワックス脱毛では新しく毛根から作られているので自然な毛が生えてきます。

ブラジリアンワックスの意外な効果って!?ブラジリアンワックスをしてよかった!

即ムダ毛がなくなって美肌になれるとして人気なのがブラジリアンワックスです。気になるムダ毛を一挙に処理することができますので、とても効果的な脱毛をすることができます。それだけでも魅力的な脱毛方法なのですが、意外な効果も持っている施術なのです。

意外な効果としてはムダ毛が生え難くなることです。永久脱毛の効果がある訳ではありませんので定期的なお手入れは必要なのですが、しかしながら何度も脱毛をすることで毛根を弱くさせることができます。
それによって太い毛が生え難くなりますし、また成長速度もゆっくりになりますので、ムダ毛が気になり難くなったりお手入れをする間隔も若干延ばすことができるのです。

ツルツルになるのもブラジリアンワックスの魅力ですね。施術はワックス剤を塗って剥がすという方法ですが、その際には古い角質も一緒に剥がれると言われています。
古い角質が皮膚上に残っているとザラザラを感じてしまう原因にもなるのですが、ザラつきの原因も元から解消することができる為、施術をした後の肌触りはとても良くなります。

そして古い角質が剥がれることによって化粧水などの浸透力が良くなるのもメリットですね。
古い角質は老廃物としてスキンケアの支障にもなってしまうのですが、そういった汚れが取れることによって化粧水などの成分がスムーズに浸透するようになります。ですから普段のスキンケアの質を高めてくれるかもしれません。

ブラジリアンワックスにはこうした意外なメリットがあるのですが、特に肌がツルツルになるのは喜ぶ方が多いようですね。
女性にとって肌のザラつきは気になるものですのでザラつき対策という意味でも利用してみるのも良いのではないでしょうか。

ブラジリアンワックスとニードル脱毛の違いって?どっちがいいの?!

近年注目されているのが、ブラジリアンワックスと呼ばれるワックス脱毛です。とくにデリケートゾーンに向いているとされている脱毛方法で、サロンでも行なうことができますが、セルフ処理用のワックスも販売されておりサロンに行くのが恥ずかしい人におすすめです。ブラジリアンワックスは、ワックスを気になる部分の毛に塗って一気に引き抜くことでむだ毛を処理する方法になります。

レーザー脱毛などと比べるとコストが安く、毛根から引き抜くため仕上がりが綺麗で、カミソリなどよりも手入れの回数が少なくてすむなどのメリットがあります。しかし、痛みが大きく、皮膚の角質もとれてしまう、炎症や赤みなどが起こしやすいなどのデメリットがあげられます。

ニードル脱毛は、ブラジリアンワックスとは違い完全に脱毛することのできる方法になります。ニードル脱毛の方法は、毛穴にニードルを差し込んで電気を流して毛母細胞を腐食させる脱毛方法です。ブラジリアンワックスとは違い、毛の生えてくるための細胞自体を壊してしまうため完全に脱毛することができるとされています。

メリットとしては、光脱毛やレーザー脱毛などでは行なえない、バストトップ周辺の脱毛や色素沈着をしている部分、埋没毛、ほくろから生えている毛などに対しては有効だとされています。

デメリットとしては、痛くて高額で時間がかかるということがあげられ、下手なエステティシャンの施術だと炎症を起こしてしまったり、赤みがひかないなどのトラブルが多いことがあげられます。

コスト的に言えばブラジリアンワックスの方がおすすめですが、脱毛方法はほかにもあるため、メリットとデメリットを考えて自分に合った脱毛方法を選ぶことが大切です。

ブラジリアンワックスとレーザー脱毛、痛くないのはどっち?

近年注目されている部分脱毛として、ハイジニーナ脱毛があります。ハイジニーナというとあまり聞きなれない脱毛ですが、
いわゆるアンダーヘアの脱毛で、外部に見られるわけではありませんが、エチケットの一種として注目を集めています。
こうしたデリケートな部分の脱毛では、現状ブラジリアンワックス脱毛や痛みが少ないと評判になっているレーザー脱毛などが利用されています。

では、実際体への負担が少ないのはどちらの脱毛方式なのでしょうか。
一般的な肌の脱毛ならば、ワックスを利用した脱毛よりも医療用レーザー脱毛の方が痛みという観点では勝っているといえます。
一方、ブラジリアンワックス脱毛は広い範囲の施術には適しておらず、また痛みの負担もレーザーよりも多いので全身脱毛などの大掛かりな脱毛においては立つ瀬がありません。

しかし、メラニン色素の多い局部での脱毛となると話は逆になります。その原因はレーザー脱毛の原理そのものにあります。
レーザー脱毛で利用するレーザーは肌のメラニン色素に反応する特殊なレーザーです低出力ながら毛根を焼くことができます。
つまり、毛根の他の部位に発熱の要因となるメラニンがないということがこの脱毛方式の前提となっています。なので、ハイジニーナ脱毛のようにメラニンの多い局部の脱毛には根本的に向いておらずとても非効率的であるといえます。

一方、ブラジリアンワックス脱毛はこうしたデリケートな部分の脱毛はお手の物で、レーザーよりも低価格で痛みの少ない脱毛をすることができます。
このようにどちらも一長一短で、向き不向きがあるので脱毛部位によって、自分のニーズに合わせて適切に脱毛方法を選択をすることが重要なのです。

レーザー脱毛によるVIO処理って綺麗に仕上がる?

VIOラインの無駄毛はあまり他人に見せる部位ではないので、他の部位に比べると無駄毛の手入れをしないという女性も多いです。
しかし手入れをしないでいると、排泄物やオリモノが無駄毛についてしまい、かぶれやかゆみ、臭いなどの原因になることもあります。

 

いつも綺麗にお手入れをしておけば、一年中快適に過ごすことができます。
彼氏ができたり水着を着る時になると、急にVIOラインの無駄毛の処理をする人もいます。

 

他の部位に比べても自己処理が難しい部位なので、うっかり出血させると雑菌が性器や肛門に入り込む危険性もあります。
自分では無駄毛の自己処理が難しいという場合は、美容クリニックなどに通いレーザー脱毛をおこなうといいでしょう。

 

レーザー脱毛ならば、脱毛効果の高い機械を使用するので、VIOラインの無駄毛も綺麗に仕上がります。
レーザー脱毛は、仕上がりが綺麗なだけでなく、脱毛が完了する期間もとても早いのが特徴です。

 

今年の夏までには脱毛を完了させて、水着を着たいなどの予定がある人は、レーザー脱毛がおすすめです。
レーザー脱毛はパワーが強いので、VIOラインの脱毛は痛みが気になるという人もいますが、最近は肌に優しい最先端の脱毛器を使うので痛みをあまり感じないクリニックも多いです。

 

クリニックなどでレーザー脱毛を受ける場合は、高額な費用がかかるので、なかなか通えないという人もいますが、そういう人は月額制を導入しているクリニックを探すといいでしょう。
月額制ならば、最初にまとまった費用を用意する必要がないので、誰でも気軽に通うことができます。

 

どうしても通うことができない場合でも、それまで払った分の費用だけで済むので払い切りの所に比べて損をすることがないです。

レーザー脱毛って何回したら効果が出るの?気になる!

レーザー脱毛は様々ある脱毛方法の中でも脱毛効果の高さに定評があり、剛毛の人や男性からも広く利用されています。
ただしそんな効果の高い脱毛方法ではあっても、施術を1回受ければそれで完全にムダ毛が生えてこなくなるというものではなく、
完了までには何回かの施術を行う必要があります。

 

では実際には何回の施術が必要になるかというと、目安としては5回前後と言われることが多いですが、
もともともの毛量や脱毛する部位によっても違ってきますのであくまでも目安と考えておきましょう。

 

レーザー脱毛で使用されるレーザーは、ムダ毛の黒い色に対して反応し、毛根部分に熱のダメージを与えます。
毛根には毛母細胞と呼ばれる毛を作り出す細胞がありますが、レーザーの熱によってこの細胞が破壊されるとムダ毛が再生しなくなり、
半永久的な脱毛効果を得ることができます。

 

メラニンがなければレーザーの効果は発揮されませんので、もともとムダ毛にメラニンが存在していない生まれつきの金髪の人はレーザー脱毛での脱毛は不可であり、
また日本人であっても色素の薄い産毛部分に対してはレーザーの作用が出にくいことがありますので、その点はあらかじめ理解した上で施術に臨みましょう。

 

なぜ複数回の施術を行わなければ完全にムダ毛をなくすことができないかというと、ムダ毛は一定の周期で生え変わっており、1回では少量のムダ毛しか処理できないためです。

 

ムダ毛が生え替わる周期は約2~3ヶ月ですので、1回ごとの施術は2~3ヶ月ごとに行うことになります。
1回で脱毛できるムダ毛の量は全体のうちの2割程度とされていますので、しっかりと作用が現れれば最短で5回程度ですべてのムダ毛を処理することが可能です。

レーザー脱毛が引き起こす身体の影響って?ホントに大丈夫?

結論からいえば、
レーザー脱毛で身体に悪影響が出る可能性はほとんどありません。

 

レーザー脱毛で使われるレーザーは、皮膚から三ミリまたは四ミリ程度にしかいかないように設定されています。
つまり、ムダ毛の部分までしか届かないようしてありますので、内臓を傷つけることはないです。

 

またレーザーによって皮膚がんになることもありえません。
レーザー脱毛に使われるのは、赤外線のレーザーです。
皮膚がんなど細胞に悪影響を与えるのは紫外線です。
もちろん、レーザーですのでやけどの症状は想定されますが、いきなり出力を高めない限りはありえません。
経験がある医師にやってもらえば、身体に影響が出ることはないといえます。

 

気になることがあれば、レーザー脱毛は医師が行いますのでカウンセリングの時にしっかりと確認しておけば問題ありません。
よほどひどい医師にでなければ、不安を解消するように話を進めます。
いうまでもありませんが、レーザー脱毛を勧めてくるまたはすぐにやらなければいけないと医師ならば、断ってしまったほうがいいです。

 

医療行為ですので、身体に配慮して無理なく行うのが基本です。
レーザーを使いますので痛みはあります。
痛いときは無理せずにきちんと伝えることです。
人によってはストレスになってしまい、体調を悪くしてしまう恐れがあります。
ムダ毛の太さによっても変わりますので、医師に相談しておくとよいです。

 

レーザー脱毛の場合、皮膚にダメージがありますのでしっかりとケアをすることを忘れてはいけません。
ケアを怠ると、肌の状態が悪くなることもあり得ます。身体への影響は、
少なく安心して利用するためにはクリニックを選ぶところから始めるとよいです。